断捨離 基礎知識

断捨離の基礎知識

断捨離の基礎知識

「断捨離 (だんしゃり)」という方法を実践して住まいを
片づけ、自分にとって快適な空間に変えると、
不思議なくらいに、人生のさまざまな
面によい変化が訪れると言われています。

このページでは、
断捨離の基礎知識について述べていきます。


断捨離の真の目的

断捨離(だんしゃり)とはなんでしょうか? 単なる片づけ術ではありません。

断捨離の目的

まずは、
「断捨離」の3つの漢字「断」「捨」「離」を
分解して説明します。


それぞれ次のような意味があります。

 「断」 余計な物を取り込まない。

     ・本当に必要な物しか買わない。
     ・いらない物をもらわない。

 「捨」 不要な物を手放す。

     ・ガラクタ、ゴミを捨てる
     ・いらない物ををあげる、売り払う
     ・本当に必要なモノだけに紋る


 「離」 物ヘの執着から離れ、
     空間も気持ちも軽やかで、ゆとりある状態になること。

     ・過去への執着、未来への不安がなくなる
     ・自分が好きになる
     ・本当に必要なモノ・コト・人と出会える

窓 空間

「離」からわかる通り断捨離(だんしゃり)は、
単に物を捨てて減らすことが目的なのではありません。

大事なのは、その物に対して自分が必要で、適切で、持っていて
快い物であるかどうかを判断し、絞り込んでいくのです。

その事により、人間関係や情報など物理的な
物以外の重要性を判断、選別できるようになります。

人間関係や情報の重要性を判断、選別が、うまく出来るように
なりますと「運」が、好転していきます。

なぜ、「断捨離」で「運」が好転するのかは、「断捨離」の
「捨」が、一番大きな要因になっています。

それは、「捨」を非常識なくらい果敢に行えば、
自然と「断」も出来るようになりまして、こうして
「断」「捨」・「断」「捨」と繰り返すうちに、
家が片づくだけではなく、人生や生活の詰まりが取れ、
新たな「流れ」が、生じてきます。

それこそが断捨離の真の目的なのです。